工夫を加えていく

荷物にひと工夫してライントラブルを素早く脱出

揺れるジギング船の上では、プライヤーでスプリットリングをつまむ事すらままならない事があるため、スプリットリングと溶接リングを接続した物をいくつか持ち込んでおくと良いです。サイズ別に数種類持ち込んでおけば、リーダーと結び直す際に手早く作業が行えます。 また、ジギング船での釣行中に多いのが、リールのライントラブルです。リーダーを結び直す程度ならば問題ありませんが、メインラインがほつれて修復が困難になると、それ以降の釣りが出来ません。そのような状態になっても対応出来るように、スピニングリールの場合はメインラインを巻いた予備のスプールを持ち込んでおくと安心です。ベイトリールの場合は、同じサイズの廉価版のリールで良いので、予備として持ち込んでおきましょう。 このように、ルアーとラインの再接続や、深刻なライントラブルに陥った場合も、荷物にひと工夫しておくだけで、釣りがスムーズになるのです。
話題を集めているジギング船には大阪ジギング船があり、船内に様々なアイテムが準備されているため気軽に利用することができます。

マダイや深海魚の人気が高まっている

大阪ジギング船で狙うターゲットは、ブリやサワラ、カンパチやタチウオなどの、ジギングでは比較的一般的なターゲットの他、マダイや深海魚の人気が高まっています。 マダイはタイラバというルアーを使用した釣りで、ここ数年は瀬戸内海を中心に盛り上がっており、道具の用意や釣り方が比較的簡単なので入門しやすいです。そのためタイラバを釣行メニューに加えるジギング船が増えています。 深海魚でターゲットになるのはアカムツなどの高級魚で、これらはスロージギングと呼ばれる釣法で狙います。釣り方としては、やや平べったいルアーを海底まで落とし、ラインをゆっくりと巻き取りながら、少しだけロッドをアクションさせたりします。最近では大阪ジギング船でスロージギングを用いることが増えて、タイラバとは反対に瀬戸内海以外の海域で人気が高まっており、特に太平洋側で盛んです。